★公務員試験って難しいの?チャレンジする前に難易度を知って受験勉強をスタートしよう★

近年、景気は上向きになりつつありますが、リーマンショックや東日本大震災といった予測出来ない事態がいつまた起こるのか分からない不安定な時代を過ごしています。公務員をはじめとした安定的な職業の人気は年々高まりを見せており、特に公務員試験の受験者数は年々増加しています。一言で公務員試験といっても、職種によって出題内容や難易度、受験生のレベルは大きく異なるため、まずは各職種がどのような位置づけをされているか知っておく必要があります。公務員試験の中でも、最高難易度に位置づけられているのが、国家総合職・裁判所職員総合・衆議員参議院事務局職員総合があり、非常に高度な知識を筆記試験で求められる上に、面接試験対策も万全に整えていかなければなりません。学歴も合格のために必要な要素とされており、東大・京大・早稲田・慶応といった有名大学の卒業生が数多く受験します。受験対策としては、公務員受験に特化した専門学校で特別コースを受講することがオススメとなります。続いて、外務省専門職・労働基準監督官・航空管制官・都庁Ⅰ類・優良県庁が高い難易度を誇ります。大卒程度の公務員試験の中でも優秀な成績を納めた受験生が集まっており、地方の国立大学や有名私立大学から多くの受験生が集まってきます。公務員試験の難易度を知り、受験対策を行うためには公務員専門学校比較ランキングを参考にしましょう。公務員専門学校比較ランキングは、受験対策の指導専門学校を特徴ごとに詳しくご紹介しています。

公務員試験 難易度はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です