★出産を機に子供に認め印を作ってあげる場合のポイントとは?★

印鑑文化が根付いている日本では、子供が誕生するということは将来この子も印鑑が必要になるため、出産を機に認め印など印鑑を作る傾向にあります。たとえば、子供のためにお金を少しずつ貯めてあげようと口座を開設する人もいるのではないのでしょうか。なので意外と印鑑は早くから必要になってきます。また、子供の出産祝いに認め印をプレゼントするのもおすすめです。印鑑はあって困らないものだし、オーダーメイドで作れば意外と高価にもなります。もちろん素材によって予算を選べるのでプレゼントして相手に罪悪感を持たれる心配もありません。出産祝いで印鑑をあげると他人のプレゼントと被る確率も低く良いと思います。子供の認め印を作る場合は、少し大きめの男性なら13.5mm、女性なら12mmで作ってあげると良いでしょう。そうすれば、認め印としてではなく、銀行印としても最適なサイズなので好きな方で使用することができます。また、我が子に作成するなら認め印と銀行印をセットで作成してしまうのも良いかもしれません。子供が大きくなったら認め印と銀行印は必ず必要になります。印鑑をその都度作成するのも手間がかかるので今のうちに全て用意してあげておいても良いでしょう。ちゃんとケースが付いてくるので長期の保管も何ら問題ありません。また、印鑑のネット通販サイトで多いのは、セットで印鑑を作成すると特典として、朱肉やマットが付いてきます。別途用意する必要がなく、また朱肉に関しては100円ショップなどで販売されているものと違い質が高いのでキレイな印面を押すことが可能となります。したがって、子供に後々渡すことを前提にセットで作成するのも1つの方法です。子供向けの印鑑を販売しているお店も少なくないので、ネットで各ショップを1度調べてみてください。また、銀行印の書体は名前で作成してあげると良いでしょう。より区別がつきやすくなります。

子供用の認め印

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です